「警戒レベル」を用いた避難勧告等の伝達について

2019年6月3日

 

平成31年3月29日、「避難勧告等に関するガイドライン」が改定され、住民等が情報の意味を直感的に

理解できるよう、防災情報を5段階の警戒レベルにより提供し、とるべき行動の対応が明確化されました。

 

 【警戒レベル3】高齢者等避難、

 【警戒レベル4】全員避難とし、避難のタイミングを明確化します。

 【警戒レベル5】災害発生情報とし、命を守る最善の行動を促します。

 

詳細はこちら

関連ワード